カルチャー 浅草

浅草エリア新スポット!!【すみだリバーウォーク】の見所は?!恋人の聖地?!隠れソラカラちゃんって?!

すみだリバーウォーク

スポンサーリンク

【すみだリバーウォーク】って?!

すみだリバーウォーク

『浅草』『東京スカイツリー』って、意外に近いから、ゆっくりのんびりお散歩しながら、気軽に楽しみたいなぁ〜というあなたには、うってつけのスポットが誕生しましたぁ!!

2020年6月18日に開通した歩道橋【すみだリバーウォーク】は、浅草エリアや東京スカイツリーエリアにオープンした新たな注目スポットです。

東武鉄道スカイツリーラインが通る、隅田川の鉄橋横にできた、新しい遊歩道になります。

間近に走る電車を、これでもかと体感できちゃうので、とっても臨場感にあふれていて、不思議とワクワクしちゃうかも知れませんよ。

徒歩で、浅草から【すみだリバーウォーク】を渡って、同じく6月18日にオープンした【東京ミズマチ】を経由して、【東京スカイツリー】に最短ルートで行けるのが魅力です。

東京ミズマチ

東京ミズマチ ウエストゾーン

それまでは、お散歩気分で浅草方面から隅田川を渡るには、吾妻橋や言問橋までぐるっと回らなければ、スカイツリー方面には行けなかったんです。

浅草駅北口から歩いて、約5分ほどでたどり着けちゃいます。

【すみだリバーウォーク】を渡り切ると、あっという間にそこはもう【東京ミズマチ】

『ウエストゾーン』〜『イーストゾーン』にあるテナントを散策していたら、いつの間にか【東京スカイツリー】へ。

開門時間は、7時〜22時で、自転車も手押しならば通行可能なのもありがたいですね。

すみだリバーウォークのスロープ

浅草側 すみだリバーウォークのスロープ

見た目の印象は、新設にもかかわらず、景観にとってもなじんでいて、温かい雰囲気が漂っている感じ。

それは、全体的に木材を活かしたウッディー感がそうさせるんでしょうね。

すみだリバーウォークインフォメーション

インフォメーション

一応、参考までに開門時間や注意・禁止事項など、訪れる際の”利用内容”を掲載しておきますね。

それでは、【すみだリバーウォーク】を実際に歩いてみて発見した、”見どころ3つ”と”オマケ”もプラスして、ご紹介していきますね。

浅草・押上エリアマップ

すみだリバーウォーク〜東京ミズマチ〜東京ソラマチ・スカイツリー

引用:東京ミズマチ

【すみだリバーウォーク】の見どころは3つ!!あとオマケも?!

すみだリバーウォークから望む東京スカイツリー

浅草方面入口近くから望むスカイツリー

なんと言っても”隅田川との一体感を味わえる景色”

全長160メートルほどの遊歩道【すみだリバーウォーク】

隅田川と東武鉄道の高架下に挟まれていて、道幅がそんなに広くなく、柵も低めなので、足元を流れる隅田川との距離がとても近くに感じられます。

開通に合わせて鉄道高架下の色を『スカイツリーホワイト』に塗り替えてあるので、【東京スカイツリー】といっしょに見た時に、一体感も味わえます。

また、わりとひっきりなしにすぐ真上を電車が通るので、東武線の車両が間近に見られたり、振動音をリアルに実感できるのも、個人的にはアトラクション感?!があってワクワクしちゃいました。

電車好きの方にも、たまらないんじゃないでしょうか?!

東武鉄道 特急スペーシア

東武鉄道 特急スペーシア

それから、リバーウォークを真ん中辺りまで歩くと、当然ながら隅田川の真上にいることになりますよね。

そこから隅田川全体を眺めようと顔を上げると、遠く『吾妻橋』『アサヒビール本社ビル』が、空と川面に挟まれる感じで、一体化した雄大な景色を独り占めできるのは圧巻!!

ぜひ、天気のいい日に訪れて、味わってみてみてはいかがでしょうか。

すみだリバーウォークから望む隅田川周辺の景色

リバーウォーク中央辺りから望む吾妻橋とアサヒビール本社

ロマンチックなスポット”恋人の聖地”

恋人の聖地パネル

2箇所ある”恋人の聖地”スポット

『恋人の聖地』とは、NPO法人地域活性化支援センターが行なっている、”少子化対策と地域の活性化への貢献”をテーマとしたプロジェクトです。

全国の観光地の中から、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット『恋人の聖地』として選定しているようです。

選定委員には、ファッションデザイナーの桂由美さんや、華道家の假屋崎省吾さんなどがいらっしゃいます。

いわばこの【すみだリバーウォーク】は、ロマンティックな景色がありますよ〜と公認されている訳ですね!!

しかも、そのロマンティックなスポットが、この短い遊歩道の中に、2箇所も存在しているなんて!?

まず1つ目は、リバーウォーク中央辺りに、認定プレートが設置してありました。

これは、隅田川を背景にすると、吾妻橋アサヒビール本社ビルなどが、昼間や夜景に関わらずオールマイティーに、恋人同士を盛り立ててくれること間違いなし!!

そして2つ目は浅草側の入口付近にあります。

隅田川越しにバッチリ、東京スカイツリーが望める場所で、柵の外は川なので文字通り景色を独り占めできるスポットになってます!!

もし恋に臆病過ぎて、次の行動に二の足を踏んでしまいがちな人には、打ってつけのラブパワーをもらえるんじゃないでしょうか。

プロポーズに限らず、いろいろな告白をそっと後押ししてくれる様な、そんな気持ちにさせてくれる場所です。

恋人の聖地から望むスカイツリー

”恋人の聖地”から望むスカイツリー

見つけられるかな?!”隠れソラカラちゃん”を探せ!!

東京ディズニーランドで、”隠れミッキー”を探すのは定番だと思うんですが、なんとここ【すみだリバーウォーク】でも、”隠れキャラ”を見つける楽しみがあるのをご存知でしょうか?!

ここ【すみだリバーウォーク】に、”隠れキャラ”なんているの?と疑問に思われるでしょうがいるんです!!

まぁ正確には、違うんですけど。。(笑)

東武鉄道高架下の遊歩道ということで、近くにもそびえ立つ『東京スカイツリー』に関係するキャラクター”ソラカラちゃん”が、何を隠そう”隠れキャラ”なんです!!

しかも、スカイツリーの公式キャラクターである”ソラカラちゃん”が、こっそりと描かれている場所が、”2つ”もあるんです。

でも、”隠れソラカラちゃん”とういう名の通り、けっこう見つけづらい場所にあるのを覚悟しなくてはいけません。

残念ながら、のんびり散策しながら、ついでに見つかる様なものではないんです。

なので、なんとなくですが、大まかなヒントをご紹介しますので、それなりに”隠れソラカラちゃん”探しをご自分で、楽しんで頂けたらと思います。

まず1つ目は、浅草側にある監視カメラがある辺りの鉄道橋脚部分にあります。

かなり小さめに描かれているので、目を凝らしてよ〜く見てみましょう。

隠れソラカラちゃんその1

橋脚に描かれた”隠れソラカラちゃん”その1

そして2つ目は、墨田区側にある監視カメラの近くの、鉄橋側の床板の端っこに描かれています。

ですが、とても厄介なのがこの2つ目の”隠れソラカラちゃん”で、ハッキリと線で描いている訳ではなく、押し印の様な形になっている点です。

小さい上に、金網のフェンス越しに確認しなければいけないので、見つけるのになかなか骨が折れちゃいます。

特に雨の日なんかに探そうもんなら、床板が濡れて黒ずんでしまい、まったく見つけられない状態に落ち入ってしまうんじゃないでしょうか(笑)。

なので、しっかり天気の日に探して欲しいものです。

とにかく、2つとも普通でもわりと探すのが難しいので、見つけた時のラッキー感は格別だと言えます!!

隠れソラカラちゃんその2

床板に描かれた”隠れソラカラちゃん”その2

”ナゾ”のオマケ?!怖がりの人は通るべからず!!

最後にオマケとして、4つ目の見どころが、中央付近の床板の真ん中にある”のぞき窓”です。

景色に目を奪われがちになっていると、突然現れる足もとの恐怖!?

隅田川との距離が近いとはいえ、床が透ける不安定さはぬぐえません(笑)。

高所恐怖症の人には、ちょっと厄介な通せんぼになっちゃいますね。

それに輪をかけて恐怖感をあおるのが、電車が通るたびに起こる振動なんです。

電車が起こす揺れと振動音によって、一気に歩道橋が、吊り橋状態に感じられて、思いもよらず”負の一体感”が味わえてしまいます。

一瞬だけ、アトラクション気分が楽しめるかも?!知れませんよ(笑)。

すみだリバーウォークののぞき窓

すみだリバーウォーク”ナゾののぞき窓”

【すみだリバーウォーク】まとめ

浅草エリアから東京スカイツリーエリアを結ぶ、新たな観光スポット【すみだリバーウォーク】!!

隅田川を渡るだけのほんの短い時間ですが、その中に素敵な景色や、嬉しい発見、オマケに怪しい体験?!までもが、ギュッと詰まった川の上の遊歩道

景色を眺め、絶景スポットで記念撮影し、隠れキャラを探し求め、足もとを確認しながら、今の自分の立ち位置を知る。

大げさに言えば、”あなたの今を再確認できる”そんな場所、それが【すみだリバーウォーク】なんじゃないでしょうか!?

あなたも一度、ぜひ足を運んでみて下さいね!!

気になる方はこちらの記事もどうぞ!!
>>>>>浅草エリア【東京ミズマチ】散策グルメ!!ウエストゾーン【東京クレープガール】を満喫!!

スポンサーリンク

© 2021 フクモンろぐ Powered by AFFINGER5