くらし

【2021年最新】フラワームーンって?!由来は?いつ?5月の満月に思いを馳せてみよう!!

フラワームーンって?!5月の満月

暦の上で5月は皐月(さつき)と言われています。

皐の字には、『神々に捧げる稲穂』という意味があるそうです。

 

5月は田植えの季節なので、田んぼに早苗(さなえ)を植えるため、『さなえつき』が転じて『さつき』となったようです。

 

そんな5月(皐月)の夜空に見られる満月を、

別名フラワームーンと呼ばれているのをご存知でしょうか?

 

単純にお花の季節の月と関係しているのかなと連想してしまいがちですが、実際にはどんな神秘的な言葉の意味合いがあるのか気になりますよね!?

そこで今回は、フラワームーンに関して詳しくご紹介していきます。

 

フラワームーンって?

フラワームーンって?

フラワームーンの由来や意味は?

 

フラワームーンとは『5月の満月』のことを言います。

英語で書くと『Flower Moon』となります。

 

呼び方の発祥は、かつてのアメリカ先住民であるネイティブアメリカンと言われています。

現在私たちが使っている太陽暦ではなく、月の満ち欠けによる太陰暦を彼らは使っていました。

ネイティブアメリカンの生活は、作物の収穫や狩猟など大自然と共存するライフサイクルなので、季節を把握する力が備わっていました。

そのため、生活する上で指標となる毎月見られる満月を目印にして、その月にまつわる関係性の深い生物や作物、または風景などから連想し月の名前を付けたと言われているのです。

 

フラワームーンは日本語で『花月』とも言われています。

フラワームーンという名前の由来は、気候も暖かくなり、この時期は多くの花々が咲き乱れる様子から由来していると言われています。

日本と同じ様に、四季折々の自然の景色の中から名前が付けられているは、いっそう親近感が湧きますよね。

 

フラワームーンの別の呼び名は?

◉ミルクムーン:Milk moon(牛乳月)

◉ヘアムーン:Hare Moon(野ウサギ月)

◉ブライトムーン:Bright Moon (輝月)

◉グラスムーン:Grass Moon (牧草月)

◉プランティングムーン

   : Planting Moon (種蒔き月)

などと様々な呼び名が名づけられていようです。

満月は同じでも呼び名がいろいろと違いがあるのが面白いですよね。

 

2021年フラワームーンはいつ?

フラワームーンはいつ?

2021年フラワームーンはいつ?

 

2021年のフラワームーンは、

月26日(水)です。

月の出5月26日(水)18時39分

月の入5月27日(木)   4時4分

 

1番大きな満月時間は20時19分です。

 

2021年はスーパームーン!

 

しかも2021年の5月の満月は、スーパームーンとブラッドムーンが重なるんです。

地球と月が最も近づくので、一年のうちで満月が最も大きく見えるスーパームーン。

 

皆既月食のために起きる、月が赤っぽく見える現象のブラッドムーン。

今年のフラワームーンは、そんな複数の奇跡が重なった、とても神秘的な満月と言えます。

 

いつも以上に月を見上げる目に力が入ってしまいそうですよね。

満月は、他の三日月や上弦の月などとは違い、天気が良ければ、一晩中楽しむことができるのが特徴です。

月・星・太陽、すべて東から西へ移動しています。

 

季節によって異なりますが、満月の月の出は東の空(夕方18時頃)からのぼり、真夜中(午前0時頃)は南の空へ、月の入は西の空(朝6時頃)へと消えていきます。

観察する時間帯によって見る方角を確認しておきましょう。

そして、たまにはロマンチックに夜空に向かって、ひっそりと願い事を唱えてみるのもいいもんですよね。

星たちのパワーで幸せになる方法を知りたい方はこちらを見てみる。

 

フラワームーンを見て願い事を?!

フラワームーンを見て願い事を?!

 

フラワームーンには、以下に関係する願い事が叶うとされています。

【絆】【人間関係】【変化】

【秘密】【金運】【性】

おまじないとしては、思い当たる願い事を紙に書いて、満月に向かって読み上げてみて下さい。

それからすぐその後に、紙をやぶり捨てると良いとされています。

 

また、すべての満月には、金運恋愛運が上がるチカラがあるとも言われています。

なのでお気に入りの満月の写真を、携帯電話やパソコンの待受画面にして、身近に感じておくのも良いかも知れませんね。

お願い事・お悩みなどのご相談したいあなたならこちらもどうぞ!!

>>>雑誌・TVで活躍する有名占い師さんがあなたの「お悩み」を解決してくれます。 

\ 新規会員登録時に最大5000円分の無料ポイント付き!! /

 

 

フラワームーンで願いを叶えるおまじない5選

フラワームーンで願いを叶えるおまじない5選

月光浴でおまじない

 

簡単すぎるおまじないですが満月を眺め月光浴をしながら願いを唱える方法。

深呼吸を3回繰り返し願い事を3回心の中、または周りが気にならないのなら声を出して唱えましょう。

 

どうなりたいのか具体的な短い言葉で言うのがポイント。

特に必要なものがないシンプルなおまじないなのでぜひ唱えてみて下さいね。

 

満月水でおまじない

 

「満月水」を自分で作って飲むおすすめのおまじない!!

願いを叶えるための「満月水」はおまじないのパワーを強くしてくれるアイテムとして有名なんです。

 

作り方はとっても簡単。

グラスやペットボトルに水を注ぎ最低2〜3時間置いておくだけ。

 

ポイントは窓際やベランダなど月明かりの当たる場所に置くこと。

そのまま冷蔵庫に保存しておけば、いつでも使うことができるのが嬉しいですね。

なかにはお風呂に入れたり化粧水作りに利用する方も増えているようです。

 

ペンと紙でおまじない

 

紙とペンを用意するだけの簡単なおまじないの方法。

ポジティブなこと・ネガティブなこと2種類あります。

 

ポジティブ。。。
⚫︎なりたいことやお願い事を大小気にせず思いつく限りすべて書き出す

⚫︎書き終わったら誰にも見せずに普段つかっているカバンやスマホケースに忍ばせておく

ネガティヴ。。。
⚫︎今の現状に不満なことを全部吐き出すつもりで残らず書き出す

⚫︎書き出したあとの紙は破り捨てるかシュレッダーにかける

 

ポイントは、心の中にあるものを満月の感情の高まりに合わせてすべて吐き出すつもりで。

満月のエネルギーにはデトックス効果があると言われているんです。

 

財布を振っておまじない

 

財布を振って「金運アップ」のおまじない方法。

満月といえば「金運アップ」が定番ですね。

 

財布を振る方法。。。
⚫︎財布の中身を空にします(カードなども全部)

⚫︎月明かりの当たる場所で空の財布を振る(3分ほど休み休み)

⚫︎振りながら具体的に欲しい金額をイメージする

⚫︎すぐにはお金を戻さず、次の日の朝に戻す

 

ポイントは、戻すときにお札の向きや表裏をそろえること。

また不要なレシートやポイントカードは処分することです。

 

スマホの待ち受けでおまじない

 

満月の写真をスマホの待ち受けにするおまじない方法。

壁紙を変更するだけなので、とっても簡単。

 

自分で撮ったものでも、ネットにある画像でもどちらでも大丈夫。

またロック中の画面かホーム画面か迷われる方もいるでしょう。

基本的にはどちらでもいいのですが、多くの方はロック画面の待ち受けにしているようです。

1日中何度もスマホは利用するので待ち受け画面を通して、満月のパワーを感じながら生活しましょうね。

 

満月のパワーは天気に左右されません。

たとえ曇り空や雨模様でお月様が顔を出していなくても、そのエネルギーは地球に届いています。

あなたに合ったおまじない方法で願いを唱えてみて下さい。

素直な気持ちで自分と向き合えば、いつかきっと願いが叶うかもしれませんよ。

 

おまじないに飽き足らず恋愛・仕事・人間関係・復縁お悩み相談したいあなたはこちらでどうぞ!!

>>>「占いDestiny」なら有名・人気占い師が総勢70名!電話・チャット・メールでお好きな環境から今すぐ占い鑑定を

 

 

その他の月の呼び名は?

その他の月の呼び名は?

1月 ウルフムーン

ウルフムーン(Wolf Moon)は

『1月の満月』のことを言います。

日本語では『狼月』という呼び名です。

 

この時期になると狼が繁殖期をむかえ、遠吠えが絶えず聞こえてくる状態だからという説が一般的と言われています。

またネイティブアメリカンは、昔から狼に対して大いなる尊敬の念を抱いていて、神聖な存在だった背景も関係しているようです。

2月 スノームーン

スノームーン(Snow Moon)は

『2月の満月』のことを言います。

日本語では『雪月』という呼び名です。

 

北アメリカの2月は、寒さが1番厳しく雪が最も多く降る時期なので、名付けられたと言われています。

別名で『飢餓月』とも言うほど、2月の冬の厳しさはネイティブアメリカンにとって切実な問題だったのでしょうね。

3月 ワームムーン

ワームムーン(Worm Moon)は

『3月の満月』のことを言います。

日本語では『芋虫月』という呼び名です。

 

この時期、雪解けの地面に這い出してくるミミズや芋虫のはったあとにちなんで付けられた名前だと言われています。

日本で言う『啓蟄』(けいちつ)に似ていますよね。

4月 ピンクムーン

ピンクムーン(Pink Moon)は

『4月の満月』のことを言います。

日本語では『桃色月』という呼び名です。

 

月がピンク色になるからではなく、北アメリカではこの時期になると、芝桜や桔梗撫子などのピンク色の花が一面に咲くようになるからだと言われています。

日本でも4月は桜の時期なので、親近感がわきますよね。

6月 ストロベリームーン

ストロベリームーン(Strawberry Moon)

は『6月の満月』のことです。

日本語では『苺月』という呼び名です。

 

この時期6月の北アメリカでは、イチゴの収穫が最盛期を迎えるので、その事にちなんで名づけられたと言われています。

実際に北半球では6月の『夏至』に近い満月は、高度が低いため夜中でもうっすら赤く見える場合があるそうです。

7月 バックムーン

バックムーン(Buck Moon)は

『7月の満月』のことを言います。

日本語では『牡鹿月』という呼び名です。

 

バックとはオスの鹿のことです。

その象徴である角(つの)が、7月頃は生え変わる時期にあたるので、名づけられたと言われています。

8月 スタージョンムーン

スタージョンムーン(Sturgeon Moon)は

『8月の満月』のことです。

日本語では『チョウザメ月』という呼び名です。

 

当時のネイティブアメリカンの中では、チョウザメが魚の王様だったそうです。

北アメリカの五大湖周辺で盛んに行われていたチョウザメ漁が、最盛期をむかえる8月頃にちなんで付けられたと言われています。

9月 ハーベストムーン

ハーベストムーン(Harvest Moon)は

『9月の満月』のことを言います。

日本語では『収穫月』という呼び名です。

 

この時期は、大切に育った様々な作物を収穫する季節でした。

夏に比べてだんだんと日没が早まってくるので、陽が沈んでからも月明かりを頼りに収穫に励んでいたため、光をもたらす満月に敬意を表しての由来と言われています。

10月 ハンターズムーン

ハンターズムーン(Hunter's Moon)は

『10月の満月』のことを言います。

日本語では『狩猟月』という呼び名です。

 

この時期になるとネイティブアメリカンは、冬に向けての準備として狩猟が盛んに行われるそうです。

またエサが豊富にあった夏を過ごし、肉付きの良くなった野生動物である獲物たちにも畏敬の念を込めての由来もあるそうです。

11月 ビーバームーン

ビーバームーン(Beaver Moon)は

『11月の満月』のことを言います。

日本語では『ビーバー月』という呼び名です。

 

この名前の由来については諸説あるようです。

冬支度用にビーバーの毛皮を利用するため、捕獲するワナを盛んに仕掛ける時期にあたるため。

またビーバーが越冬の準備をするため、いっせいに巣作りをする季節にあたるためなどが言われています。

12月 コールドムーン

コールドムーン(Cold Moon)は

『12月の満月』のことを言います。

日本語では『寒月』という呼び名です。

 

その名の通り、寒さが厳しい本格的な冬が到来した時期であるとされています。

また、ネイティブアメリカンの教えの中に、寒さや飢えなどの不快な物は神様からの贈り物だという考えがあることからも、寒い12月の満月は象徴的な存在なのかも知れません。

スーパームーン

スーパームーン(Super Moon) は

通常よりも大きく見える満月を言います。

月の公転軌道の中でいちばん地球に近い距離で満月になる現象なので、最も大きな満月が確認できるのが特徴です。

ブルームーン

ブルームーン(Blue Moon)は

1ヶ月のうちで2回目に現れる満月の事を言います。

英語で『Once in a Blue Moon』(極めてまれなこと)ということわざにもなっています。

ちなみにブルームーンと言っても、実際に青く見えるわけではありません。

ブラッドムーン

ブラッドムーン(Blood Moon)は

皆既月食のとき月が赤っぽく見える事を言います。

月が地球の影に隠れるため、光線の影響で赤銅色に見える現象になります。

マイクロムーン

マイクロムーン(Micro Moon)は

通常よりも1番小さく見える満月を言います。

スーパームーンとは逆に、月の公転軌道の中でいちばん遠い距離で満月になる現象なので、最も小さな満月が確認できるのが特徴です。

新月についても気になる方は、こちらもどうぞ!!
>>>>>【2021年】5月・牡牛座の新月はいつ?!

 

まとめ:5月の満月に思いを馳せて!!

まとめ:5月の満月に思いを馳せて!!

フラワームーンとは『5月の満月』のことを言います。

英語で書くと『Flower Moon』となります。

また日本語で『花月』とも言われている通り名前の由来は、気候も暖かくなり、この時期は多くの花々が咲き乱れる様子から由来していると言われています。

 

2021年のフラワームーンは、

月26日(水)です。

今年は、スーパームーンブラッドムーンが重なる貴重な満月でもあります。

 

昔から満月には神秘的なチカラがあるとされています。

【絆】【人間関係】【変化】

【秘密】【金運】【性】

以上のフラワームーンに関係する願い事を唱えながら夜空を見上げて、5月の満月に思いを馳せてみましょう!!

星たちのパワーで幸せになる方法を知りたい方はこちらを見てみる。

 

その他の満月も気になる方は、こちらもどうぞ!!
>>>>>【2021年】ストロベリームーンって?!由来は?いつ?6月の満月に思いを馳せてみよう!!
>>>>>【2021年】満月カレンダーまとめ!!いつ見られる?各月の珍しい満月の名前・意味は?

\「 占いDestiny」でお悩み相談をしてみる/

 

© 2021 フクモンろぐ Powered by AFFINGER5