くらし

【2023年】ブルームーンはいつ?意味は?満月カレンダーや各月の満月名と由来も!!

ブルームーンはいつ?意味は?満月カレンダーや各月の満月名と由来も!!

スポンサーリンク

ブルームーンはいつ?

ブルームーンはいつ?

次回のブルームーンは

2023年8月31日(木)

に見られます!!

2023年以降は以下のような日付の予定です。

2026年 5月31日(日)
2029年 1月30日(火)
2029年3月30日(日)

2029年のブルームーンは2回(1月と3月)見られるとても珍しい年になります。

ブルームーンの意味は?

ブルームーンの意味は?

ブルームーン(Blue Moon)は

1ヶ月のうちで2回目に現れる満月の事を言います。

英語で『Once in a Blue Moon』(極めてまれなこと)ということわざにもなっています。

ちなみにブルームーンと言っても、実際に青く見えるわけではありません。

『青い月』というよりも『希少な珍しい月』と考えた方が良いでしょう。

諸説ありますが、『Double Moon(ダブルムーン)=2つの満月』が変化して『Blue Moon(ブルームーン)』になった説が有力だそうです。

ではなぜ月に2回も満月が見られるのでしょうか?!

暦において1ヶ月は、30日か31日(2月を除いて)なのが一般的です。

それに対して、月齢周期の平均は29.5日となっています。

そのため、1回目の満月が月の1日または2日の場合、次の2回目の満月は30日または31日になります。

なので、1ヶ月の間に2回も満月が見られる現象が起こるのです。

【2021年】満月カレンダー日時まとめ!!

満月カレンダー日時まとめ!!

1月  |  ウルフムーン      | 1月29日(金) | 4時17分

2月  |  スノームーン        | 2月27日(土) | 17時18分

3月  |  ワームムーン        | 3月29日(月) | 3時49分

4月  |  ピンクムーン        | 4月27日(火) | 12時32分

5月  |  フラワームーン     | 5月26日(水) | 20時19分

6月  |ストロベリームーン| 6月25日(金) | 3時40分

7月  |  バックムーン      | 7月24日(土) | 11時37分

8月  |スタージョンムーン| 8月22日(日) | 21時3分

9月  |  ハーベストムーン  | 9月21日(火) | 8時55分

10月|  ハンターズムーン  | 10月21日(木)|23時57分

11月 |  ビーバームーン     | 11月19日(金) |17時58分

12月|  コールドムーン      | 12月19日(日) |17時18分

各月の満月の名前・意味は?

各月の満月の名前・意味は?

1月 ウルフムーン

ウルフムーン(Wolf Moon)は

『1月の満月』のことを言います。

日本語では『狼月』という呼び名です。

 

この時期になると狼が繁殖期をむかえ、遠吠えが絶えず聞こえてくる状態だからという説が一般的と言われています。

またネイティブアメリカンは、昔から狼に対して大いなる尊敬の念を抱いていて、神聖な存在だった背景も関係しているようです。

2月 スノームーン

スノームーン(Snow Moon)は

『2月の満月』のことを言います。

日本語では『雪月』という呼び名です。

 

北アメリカの2月は、寒さが1番厳しく雪が最も多く降る時期なので、名付けられたと言われています。

別名で『飢餓月』とも言うほど、2月の冬の厳しさはネイティブアメリカンにとって切実な問題だったのでしょうね。

3月 ワームムーン

ワームムーン(Worm Moon)は

『3月の満月』のことを言います。

日本語では『芋虫月』という呼び名です。

 

この時期、雪解けの地面に這い出してくるミミズや芋虫のはったあとにちなんで付けられた名前だと言われています。

日本で言う『啓蟄』(けいちつ)に似ていますよね。

4月 ピンクムーン

ピンクムーン(Pink Moon)は

『4月の満月』のことを言います。

日本語では『桃色月』という呼び名です。

 

月がピンク色になるからではなく、北アメリカではこの時期になると、芝桜や桔梗撫子などのピンク色の花が一面に咲くようになるからだと言われています。

日本でも4月は桜の時期なので、親近感がわきますよね。

5月 フラワームーン

フラワームーン(Flower Moon)は

『5月の満月』のことを言います。

日本語では『花月』という呼び名です。

 

気候も暖かくなり、この時期は多くの花々が咲き乱れる様子から由来していると言われています。

6月 ストロベリームーン

ストロベリームーン(Strawberry Moon)

は『6月の満月』のことです。

日本語では『苺月』という呼び名です。

 

この時期6月の北アメリカでは、イチゴの収穫が最盛期を迎えるので、その事にちなんで名づけられたと言われています。

実際に北半球では6月の『夏至』に近い満月は、高度が低いため夜中でもうっすら赤く見える場合があるそうです。

7月 バックムーン

バックムーン(Buck Moon)は

『7月の満月』のことを言います。

日本語では『牡鹿月』という呼び名です。

 

バックとはオスの鹿のことです。

その象徴である角(つの)が、7月頃は生え変わる時期にあたるので、名づけられたと言われています。

8月 スタージョンムーン

スタージョンムーン(Sturgeon Moon)は

『8月の満月』のことです。

日本語では『チョウザメ月』という呼び名です。

 

当時のネイティブアメリカンの中では、チョウザメが魚の王様だったそうです。

北アメリカの五大湖周辺で盛んに行われていたチョウザメ漁が、最盛期をむかえる8月頃にちなんで付けられたと言われています。

9月 ハーベストムーン

ハーベストムーン(Harvest Moon)は

『9月の満月』のことを言います。

日本語では『収穫月』という呼び名です。

 

この時期は、大切に育った様々な作物を収穫する季節でした。

夏に比べてだんだんと日没が早まってくるので、陽が沈んでからも月明かりを頼りに収穫に励んでいたため、光をもたらす満月に敬意を表しての由来と言われています。

10月 ハンターズムーン

ハンターズムーン(Hunter's Moon)は

『10月の満月』のことを言います。

日本語では『狩猟月』という呼び名です。

 

この時期になるとネイティブアメリカンは、冬に向けての準備として狩猟が盛んに行われるそうです。

またエサが豊富にあった夏を過ごし、肉付きの良くなった野生動物である獲物たちにも畏敬の念を込めての由来もあるそうです。

11月 ビーバームーン

ビーバームーン(Beaver Moon)は

『11月の満月』のことを言います。

日本語では『ビーバー月』という呼び名です。

 

この名前の由来については諸説あるようです。

冬支度用にビーバーの毛皮を利用するため、捕獲するワナを盛んに仕掛ける時期にあたるため。

またビーバーが越冬の準備をするため、いっせいに巣作りをする季節にあたるためなどが言われています。

12月 コールドムーン

コールドムーン(Cold Moon)は

『12月の満月』のことを言います。

日本語では『寒月』という呼び名です。

 

その名の通り、寒さが厳しい本格的な冬が到来した時期であるとされています。

また、ネイティブアメリカンの教えの中に、寒さや飢えなどの不快な物は神様からの贈り物だという考えがあることからも、寒い12月の満月は象徴的な存在なのかも知れません。

スーパームーン

スーパームーン(Super Moon) は

通常よりも大きく見える満月を言います。

月の公転軌道の中でいちばん地球に近い距離で満月になる現象なので、最も大きな満月が確認できるのが特徴です。

ブラッドムーン

ブラッドムーン(Blood Moon)は

皆既月食のとき月が赤っぽく見える事を言います。

月が地球の影に隠れるため、光線の影響で赤銅色に見える現象になります。

マイクロムーン

マイクロムーン(Micro Moon)は

通常よりも1番小さく見える満月を言います。

スーパームーンとは逆に、月の公転軌道の中でいちばん遠い距離で満月になる現象なので、最も小さな満月が確認できるのが特徴です。

その他の関連記事で気になる方は、こちらもどうぞ!!
>>>>>【2021年】満月カレンダーまとめ!!いつ見られる?各月の珍しい満月の名前・意味は?
>>>>>浅草エリア隠れ名所?!【今戸神社】猫いっぱいの幸運スポット!!"恋”も”福”も招いちゃおう?!

スポンサーリンク

© 2021 フクモンろぐ Powered by AFFINGER5